アーマルドの海

主にポケモンの考察をだらだら書いていくものです。 のんびり更新していくんでよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

砂下で動く化石アーマルド

アーマルド

今回は砂下のアーマルドです。ほら、岩って砂だと特防1.5倍じゃないですか。これを今回利用します。

今回はもちろんカブトアーマーを使います。積み技も使いますからね。

早速紹介アーマルド@オボン 182/145/133/×/130/65
技構成、剣の舞、ストーンエッジ、シザークロス、地震 自分のはこれです。 ロクブラの候補には入りますね。あとは、鋼警戒の馬鹿力などもありです。


Aは無振りです剣舞で補えるんで、Bは余りで降ってます。耐久は特殊は砂で控えめCぶっぱのシャンデラのオーバーヒート下降補正なしでオボン込み確定3。バケモン^p^
無振りスイクンの熱湯を低乱数3。
これだと特殊AT対面で剣舞積む機会が生まれてきます。
これだとほかも結構耐えますね。

立ち回りとしては、砂をまくならバンギよりカバを使ってまいたほうがタイプ相性的にはいいと思います。
格闘がまだマシになりますしね。あとは少し水の通りがいいので、水をとしにくいポケモンは入れておきましょう。私のカバはあくびをもち流しつつアーマルドにつなぐことが多いですね。
そして、剣舞つんでぼーーーーーーーーーんすみません。
積む機会をできるだけ逃さないようにしていきたいですね。そして、苦手な水、鋼はできるだけほかのポケモンで処理していきましょう。個人的にはヒートロトムがおすすめ。

そして苦手相手のいなくなったところで、繰り出して積んで、一致技を繰り出していきましょう。


今回はこのへんで。では観覧ありがとうございます。っ・ω・)っ
ポケモン | コメント:0 | トラックバック:0 |

愛用の雨パ


ニョロトノアーマルドローブシンランドロスラティオスナットレイ

今回は私愛用の雨パの紹介です。
ニョロマルドを軸に動かしていけるPTにしていきたいと思っています。グドラとか使える気がしません
まぁグドラと違うところの大きなところは「技の範囲の広さ」というとこですね。
早速PT紹介
ニョロトノ@オボン。ドロポン/冷B/アンコ/催眠術
物理受けで育成Aぶっぱのテラキインファなどを一発耐えてしまえる意外に硬い子。持ち物はゴツメより相手にいい感じに絶オボンさせることのできる木ノ実を持たせました。

アーマルド@こだわりハチマキ。シザクロ/エッジ/地震/燕返し
嫁ポケです!言わずもがなのエースASぶっぱし特性すいすいにより最速130余裕で抜いちゃいます。かっこいい!!
このハチマキをもたせた時の火力は使って惚れ惚れしました。それに虫、岩の一致わざは今の環境に割とささいるのがいいところ。H振りのバンギならシザクロで高乱数1で持っていくことができます。

ローブシン@命の球。冷P/雷P/ドレパン/マッハパンチ
これは、上の二匹で対処しづらい鋼やドラゴンを相手するためのもの。雨パのミラーとなったときは活躍しますね。あんまり話すことないな

霊獣ランドロス@気合の襷。地震/トンボ/岩雪崩/めざ飛
ASぶっぱ。はじめは持ち物に悩みましたがやはり襷が安定しました。一回でも試行回数を増やすことがいい立ち回りを演じてくれました。めざ飛はもちろんガッサピンポ。HD特化のがっさも余裕で持っていきます。
それに威嚇もあるので偵察で初手に繰り出す割合も高くいい感じに動けてました。陽気だと火力でないなと思うとこもあり

ラティオス@こだわりメガネ。流星群/雷/サイキネ/トリック
まぁ格闘辛かったって理由で入れました。あとグドラの代わりのドラゴン枠
最初はフルアタで使用してたのですがところどころトリックの欲しい場面も多くトリック採用。
すると、まぁ輝石持ちの相手や、嫌な物理ATにメガネを押し付け行動制限をかけることで後続の支援も出来ました。ちなみに臆病最速なのでドラゴンに対面してもいい相手ができます。

ナットレイ@食べ残しパワーウィップ/宿り木/電磁波/身代わり
まぁミラー対策あとはドラゴン対策ですね。電磁波まきまき~~♪身代わりはりはり~~♪
はい。ちなみに一応耐久調整してます。身代わりでガブの逆鱗を壊れない調整。
特殊は臆病球ラティのめざ炎なら耐えます。まぁ相手のHPすっていけ^^みたいな型です

以上です。これはお気に入りのPTとなります。レートなどでも通用いていけます。
今んところこれ以上の改良は思いつかない、最終的な形です。

読んでいただきありがとうございますっ・ω・)っ
ポケモン | コメント:0 | トラックバック:0 |

初めての考察記事

カイリュー
今回は初めての投稿ということで、試し書きみたいな感じで書いていこうと思います。

今回考察するポケモンはカイリューとなります。
このポケモンの強みとしてはやはり特性のマルチスケイルが強いと思われます。
今回はこの特性も生かしつつ考察していきます。

※このこうさつは6Vを想定して考えられます。

まず今回の型は竜舞型になります。テンプレですね。
最近はハチマキが多いみたいですが、それでもつめる起点がくればそれ以上の火力が出ます。

今回は性格ようきを使用しています。
持ち物は竜舞ということでラムの実になります。

技構成はしんそく、げきりん、りゅうのまい、ばかぢから、になってます。
なぜ、ほのおのパンチではないの?というとバンギラス、コバルオンなどに打点がもてます。
ほのおのパンチだといささか威力不足と岩タイプの打点のなさにいつも泣いていました。
なので今回はばかぢからを採用してます。


努力値振りですが、H100A252B72C×D×S84
これにより実数値がH179A186B124C108D120S122となります。
Hは3n-1としており、Sは竜舞一積みで準速130族抜きになってます。
Aぶっぱこれは私の趣向ですただの。高火力厨なとこが少しあります(少しどころじゃない件

考えとしては下手に調整して落とせなかったーというのが嫌なとこからきています。
火力の参考としては
H振りバンギラスをばかぢからで確1(当たり前だろ
竜舞一積みで耐久無振りのコバルオンをばかぢからで確1(ほのおのパンチだと一積みでも確2になる
となります。

耐久のほうは今回は物理にふってます。理由特殊無理たえれない。
参考は(マルスケこみで計算
Aぶっぱバンギラスのエッジ乱数2
Aぶっぱテラキオンのエッジ乱数2
補正アリAぶっぱメタグロスの冷パンからのバレパン確耐え
となっており反撃なども十分にできます。

今回はこんな感じです。まだまだ抜けている部分はあるかもしれませんが、疑問や異論はどは受けます。

最後まで観覧ありがとうございます。っ・ω・)っ

ポケモン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。