アーマルドの海

主にポケモンの考察をだらだら書いていくものです。 のんびり更新していくんでよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

初めての考察記事

カイリュー
今回は初めての投稿ということで、試し書きみたいな感じで書いていこうと思います。

今回考察するポケモンはカイリューとなります。
このポケモンの強みとしてはやはり特性のマルチスケイルが強いと思われます。
今回はこの特性も生かしつつ考察していきます。

※このこうさつは6Vを想定して考えられます。

まず今回の型は竜舞型になります。テンプレですね。
最近はハチマキが多いみたいですが、それでもつめる起点がくればそれ以上の火力が出ます。

今回は性格ようきを使用しています。
持ち物は竜舞ということでラムの実になります。

技構成はしんそく、げきりん、りゅうのまい、ばかぢから、になってます。
なぜ、ほのおのパンチではないの?というとバンギラス、コバルオンなどに打点がもてます。
ほのおのパンチだといささか威力不足と岩タイプの打点のなさにいつも泣いていました。
なので今回はばかぢからを採用してます。


努力値振りですが、H100A252B72C×D×S84
これにより実数値がH179A186B124C108D120S122となります。
Hは3n-1としており、Sは竜舞一積みで準速130族抜きになってます。
Aぶっぱこれは私の趣向ですただの。高火力厨なとこが少しあります(少しどころじゃない件

考えとしては下手に調整して落とせなかったーというのが嫌なとこからきています。
火力の参考としては
H振りバンギラスをばかぢからで確1(当たり前だろ
竜舞一積みで耐久無振りのコバルオンをばかぢからで確1(ほのおのパンチだと一積みでも確2になる
となります。

耐久のほうは今回は物理にふってます。理由特殊無理たえれない。
参考は(マルスケこみで計算
Aぶっぱバンギラスのエッジ乱数2
Aぶっぱテラキオンのエッジ乱数2
補正アリAぶっぱメタグロスの冷パンからのバレパン確耐え
となっており反撃なども十分にできます。

今回はこんな感じです。まだまだ抜けている部分はあるかもしれませんが、疑問や異論はどは受けます。

最後まで観覧ありがとうございます。っ・ω・)っ

スポンサーサイト
ポケモン | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。